インターネットラジオがどのように発展してきたのか?

技術とともに変化するインターネットラジオの歴史

今ではインターネットラジオで音楽やトーク番組の配信は、当たり前のように行われています。この音声を配信する技術は意外と古くからあり、音声をデジタル化することができた時点で考えられていました。

しかし、実際は、パソコンの性能が追いつかないことや、インターネット回線の速度による制限、そして、操作も複雑で専門家にしか扱えない技術でした。そういう理由から、ごく一部の人たちにしか広まっていませんでした。

ナローバンドと言われる非常に遅い回線の時代には、音質を落としてでも配信できることが重要で、技術的に難しいものでした。その後、ADSLや光ファイバーが広がり、パソコンの性能も上がってきたことで、プロだけでなく、素人でもインターネットラジオを発信することができるようになりました。音質もmp3が登場して、CD並みの音質で配信することが可能になってきたのです。

インターネットラジオは、震災でも大活躍していましたが、スマートフォンなどでも聴くことができるので、災害時の新たな情報伝達となり、受信するだけでなく、発信もできることから、双方向での利用も可能となっています。これからはますます、誰もが電話やFAXを使うようにインターネットラジオを使うようになるでしょう。

技術とともに変化するインターネットラジオの歴史

手探りで始まったインターネットラジオ

インターネットラジオはごく一部の人たちから始まった

ポッドキャストで激変したインターネットラジオ

ポッドキャストでインターネットラジオの配信方法に変化が

Copyright(C) 2011 - 技術とともに変化するインターネットラジオの歴史 - All Rights Reserved.